目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験科目・試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

東京都港区西新橋に位置する旧設医科大学である。1921年に設置され、日本大学医学部、日本医科大学、日本大学医学部とともに、戦前の旧大学令による私立医科大学となった。

現在、入試難易度においては、慶應義塾大学に次ぐ私立医大ナンバー2という認識が強い。しかし、私学のトップレベルになったのはここ数年の話である。かつては国立の日程にかぶっていたため、偏差値は今ほど高くなかったようである。試験日程を変更して以後、偏差値は急上昇。当時のナンバー2である日本医科大学を抜いて2位となっている。
 
再受験生の入学者は少なく、比較的若い学生が多いというデータがある。近年は成績開示を行っており、透明性の高い受験を行っている。
特殊なアドバンテージの無い一般の受験生の場合、3浪以上の合格はほとんど不可能であると考えた方がよい。受験する際には、再受験生に厳しい大学である、ということだけは覚えておこう。

臨床基礎医学の授業では、チュートリアルが取り入れられており、これは学生が小集団で能動的に基礎医学の知識を駆使し臨床例を解析する教育プログラムで、これにより学生の論点抽出、論理力、自己学習・表現力を向上させることが目的とされている。5年次には臨床実習が始まり、学生は病棟の診療チームの一員として指導医の監督のもと、患者の診療に参加する。

受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1 試験日

1次試験
2019年2月5日(火)

2次試験
2019年2月15日(金)、16日(土)、17日(日)の3日間のうちの1日
※東京都地域枠入学試験の志願者は2月17日(日)

2.2 試験科目・試験範囲・試験時間・解答形式

(試験科目・試験範囲)
・理科
物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)の組み合わせのうちから2つを選択。
・数学
数学I、数学II、数学III、数学A、数学B
ただし、数学Bは「数列」、「ベクトル」を、出題範囲とする。
・英語
コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I、英語表現II

(試験時間)
・1次試験
理科:10:00~12:00
数学:13:00~14:30
英語:15:00~16:00

・2次試験
面接:約40分
小論文:60分以上120分以内(1,200字以上2,400字以内)
※試験時間の詳細は1次試験合格発表時に指定

(解答形式)
記述・論述式

2.3 配点

理科:200点
数学:100点
英語:100点

2.4 出題の傾向と特徴(概要)

東京慈恵会医科大学の生物の問題は、大問4題構成で、試験時間は理科2科目で120分である。解答形式は記述式で、知識問題、計算問題、実験考察問題がまんべんなく含まれている。

空欄補充や選択問題を中心とした知識問題のほとんどは、高校生物の範囲を逸脱しない。とはいえ、押しの1点のためには、資料集のコラムなどにもしっかりと目を通しておきたい。計算問題はほぼ毎年出題されている。受験対策を謳う問題集であればかならず類題の掲載がある典型的な問題が多い。実験考察問題は、教科書や参考書に掲載のある題材を少しひねったような出題が目立つ。

出題範囲は私立医大・医学部の中でも広く、植物の発生や環境応答、生態・進化・系統分野のいずれかは、毎年出題されている。代謝や遺伝情報の発現といった他の単元の出題に比べて、やや知識問題寄りの出題であることが多い。これらの単元の出題にも、ほぼ確実に論述問題が含まれている。生物全範囲の基礎事項の定着を徹底するだけでなく、全範囲の論述対策も抜かりないようにしよう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子

体内環境の恒常性や、代謝と絡めての出題が目立つ。多くの単元の基礎となる分野であるので、この単元の習得なしに高得点は望めない。また、過去には細胞膜上の輸送体タンパク質のはたらきについて、大問単位で出題されたこともある。この単元の中で苦手分野を作ってしまうと大量失点の恐れも高まるため、注意が必要だ。教科書や参考書で基礎事項を整理しつつ、『生物の良問問題集』や『エクセル生物』といった網羅的な問題集を周回しておきたい。

3.2 代謝

解糖系の過程を、教科書レベルよりもより細分化した反応経路を図示し、様々な実験を行う問題が出題された。実験を説明する文章の中で、反応経路の進行に必要なATPやADP、NAD+が、有機物A〜Cとして伏せられていたのがネックである。

教科書に掲載されている反応経路を1つ1つ丁寧に追う学習が必要である。個々の反応が起こる順番や、その反応に必要な触媒について、細かく整理しておこう。例えば、「解糖系では、グルコースからピルビン酸が生じる」という理解だけでは不十分である。「2分子のATPが消費され、次に2分子のNAD+によって…」という詳細な学習を、他の代謝についても行うようにしよう。

3.3 遺伝情報の発現

東京慈恵会医科大学の生物の入試問題では、最も出題頻度の高い単元である。中でも、大腸菌への遺伝子組換え実験など、バイオテクノロジーに関する出題が多い。特に、mRNAやcDNAの塩基配列を図示し、アミノ酸配列を読み取らせるといった問題が目立つ。どの問題集にも掲載のある典型的な実験が題材となっていることが多く、『生物 重要問題集』などの問題集でしっかりと練習しておきたい。

なお、コドン表においてAUGが開始コドンであると明示されていない、β−ガラクトシダーゼの基質がラクトースであると明示されていないなど、他の大学ではまず問題文に書かれているであろう条件が、問題文から抜けていることがある。『生物 重要問題集』などに取り組んでいれば当たり前のように感じる知識かもしれない。しかし、実験考察問題を解いていて登場した酵素の名称などは、教科書や参考書で調べておくといった一手間があるとよいだろう。

3.4 生殖と発生

頻出の単元ではない。また、動物と植物で、出題頻度が半々といったところであろう。ウニ、カエル、ショウジョウバエといった動物の、初期発生から形態形成までの流れは、何も見ずとも、図を描けるようになっておきたい。

重複受精のしくみ等についても同様であり、花粉管の伸長に関する実験問題も出題されている。この単元に限った話ではないが、教科書や参考書に掲載のある実験については、どのような実験をしたか、結果はどうか、考察はどうかといったところまで、しっかり整理しておくようにしよう。

3.5 遺伝

現行課程になり、一般的に遺伝の出題は減少傾向にある。東京慈恵会医科大学の生物でも、遺伝の出題頻度は少ない。出題があったとしてもリード文に必要十分な解説があることが多いため、問題文をよく読んで得点にしよう。

遺伝の問題では、まずは問題文に記された遺伝子のはたらきを整理することが大切である。そして、どのような問題であろうと配偶子の組み合わせを表の形で整理して解答するという一連の流れがある。『生物の良問問題集』などで一通り練習しておくようにしよう。

3.6 体内環境の恒常性

適応免疫の一連の流れとしくみについての出題など、典型的な出題が目立つ。この分野の一連の流れについては生物基礎で学習する。しかし、その詳細なしくみ(MHCなど)は生物で学習する。『生物 重要問題集』などでの問題演習の前には、生物で学習した内容を、生物基礎で学習した内容に落とし込む作業を必ず行うようにしてほしい。

3.7 動物の反応と行動

体内環境の恒常性と同様、アメフラシの慣れと脱慣れなど、典型的な出題が目立つ。一方で、周波数を横軸に、聴覚の発生した閾値となる音の強さを縦軸にとったグラフを読み取り、聴覚の“診断“をさせるような出題がされたこともある。多くの受験者にとって初見の問題であったと思われるが、誘導は丁寧であった。『生物の良問問題集』などでの演習が充分であれば得点できたであろう。

感覚器、中枢神経、効果器の図は、何も見ずに描けるようにしておきたい。また、描いた図のどこがどのようなはたらきをしているかといった整理も、入試本番の前に必須であろう。

3.8 植物の環境応答

植物の生殖と発生とともに、現行課程になって以来出題が増えた。各種植物ホルモンについて学習する際には、まずは植物の一生がどのようなものであるか確認すること。植物の一生における、発芽や花芽形成といったイベントにおいて、各種ホルモンがどのように協調しているかという観点でノートにまとめてみよう。

3.9 生物の多様性と生態系、生命の起源と進化、生物の系統

生物多様性の三段階、進化の起こるしくみ、動物の系統樹といった、国公立大学でも問われるような出題が多い。また、ハーディ・ワインベルグの法則を用いた計算問題も出題されている。特に進化のしくみについては、体内環境の恒常性、生殖と発生と同様の出題頻度である。『生物 重要問題集』などの問題集で、論述問題にも充分に対応できるようになっておこう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認

東京慈恵会医科大学の生物の入試問題では、高校範囲を逸脱した内容が問われることはあまりない。教科書と、次のいずれかの参考書を使い、まずは知識の定着に充分な時間を割くようにしよう。発展内容やコラム、脚注の部分も漏らさず読むようにすること。図やグラフなどはノートに描き写して、部位の名称やはたらき、グラフから読み取れることを書き込むなどしてみよう。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎』(数研出版)
・『大森徹の最強講義』(文英堂)
・『大学入試の得点源【要点】』(文英堂)
・『生物 知識の焦点』(Z会出版)
・『理解しやすい生物、生物基礎』(文英堂)
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(東進ブックス)
・『生物基礎が面白いほどわかる本』(中経出版)

教科書や参考書でインプットしたことは、問題集でアウトプットしてみよう。いきなり難易度の高い問題集に挑むことは有効ではない。インプットに抜けがないかどうかを確かめるためにも、次のような網羅的な問題集を使った学習に専念してほしい。

なお、インプットとアウトプットは章ごと行うとよい。インプットを長く続けてしまうと、序盤にインプットしたことは、アウトプットする頃には忘れている。また、アウトプットの際には、問題集中で「基本問題」や「確認問題」と名のつく問題に取り組もう。「レベルアップ問題」や「章末総合問題」といった類の問題には、Step2で取り組むようにする。

問題集
・『生物の良問問題集』(旺文社)
・『エクセル生物』(実教出版)
・『らくらくマスター 生物・生物基礎』(河合出版)
・『リードLightノート 生物基礎、生物』(数研出版)

■Step.2 実験、考察問題への取り組み

東京慈恵会医科大学の実験考察問題は、教科書や参考書、問題集で見ることのある典型的なものであることが多い。『生物 重要問題集』など、実験問題がたくさん掲載されている問題集に取り組むようにしよう。

こうしたハイレベルの問題集に取り組むときには、答え合わせの際に次のことに注意してほしい。すなわち、問題集を参考書のように使い、生物ではどのような実験があり、どのような結果が出て、どのような考察がなされるかということを確認・整理するということである。1つ1つの実験を丁寧に解釈していくことで、初見の問題であっても、考える力は充分に身につく。

・『生物 重要問題集』(数研出版)
・『生物[生物基礎・生物]標準問題精講』(旺文社)
・『エクセル生物(発展問題A、B)』(実教出版)

■Step.3 計算問題への取り組み

東京慈恵会医科大学の生物では、計算問題も例年出題されている。まずはStep1、2に掲載の計算問題をピックアップして周回する。問題を見てすぐに立式できないような問題をなくすことを目標にしよう。周回して、あるいは過去問に挑戦して不安が残るようであれば、次にあげるような問題集で、計算問題のみ個別に対応するとよい。

『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習

tep1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。

また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。

(参考)
東京慈恵会医科大学|医学部医学科|入試案内|2019年度 医学科 入学試験概要
東京慈恵会医科大学|医学部医学科|入試案内|医学科入学試験(二次試験)について