目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 単語・文法の定着
    2. 標準的な単語、長文問題に取り組む
    3. 応用レベルの単語、長文・文法問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

帝京大学医学部は、私立医学部の中では比較的入りやすいイメージを持たれている大学かもしれません。しかしながら、複数日受験が可能で、最高得点が採用されるため、かなり高得点を取らないと合格できず、決して簡単な試験とはいえません。

帝京大学医学部の入試問題は、2015年度までは、英語・数学・物理・化学・生物・国語から3科目選択でしたが、2016年度からは英語が必須となり、数学・物理・化学・生物・国語から2科目選択に変更されました。それまでは、英語が苦手な受験生は国語を選択するなどして避けることができたのですが、2016年度以降はできなくなりました。この制度は2017年度以降の入試でも継続となっています。

詳細は、以下で確認していきましょう。

「分からないところが分からない」状態からの大逆転! 筑波大医学部合格をつかんだパーソナルトレーナーとの1年間
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験
2019(平成31年)1月28日(月)、29日(火)、30日(水)
※試験日自由選択制のため、3日受験することも1日ずつ受験することもできる。

2次試験
2019(平成31年)2月5日(火)または6日(水)

2.2 試験科目・試験範囲・試験時間・解答形式
(試験科目・試験範囲)
【必須科目】
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II

【選択科目】
・数学:数学I・数学II・数学A・数学B(数列、ベクトル)
・物理:物理基礎・物理
・化学:化学基礎・化学
・生物:生物基礎・生物
・国語総合:現代文・古文・漢文
※国語総合は必須1問(現代文)と4問から2問選択(現代文、現代文、古文、漢文)

(試験時間)
1次試験
9:30〜10:30 英語(60分)
11:15〜13:15 選択科目(120分)※2科目選択

2次試験
10:30〜11:00 課題作文(30分・300字)
12:30〜 面接 

(解答形式)
・英語:マークシート方式
・数学:マークシート方式
・物理:マークシート方式
・化学:マークシート方式
・生物:マークシート方式

2.3 配点
1次試験
・英語:100点
・選択科目:100点×2

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
2015年から1日の日程に変更され、また、2016年から英語が必須になるなど近年かなり大きな変更が見られます。今後も傾向の変化が行われる可能性があるので、注意が必要です。

例年、英語は大問1が必須問題、3問選択という形式になっていましたが、2017年度入試からは国語を除く全ての科目で問題選択制が廃止され、全問必須解答となりますので注意してください。

選択問題が残されていた2016年度までは、時間は他の私立医学部に比べると余裕があるものの、問題選択に迷ってしまうと時間が無くなってしまうという難易度でした。必須問題のみとなる2017年度は、問題の難易度に変化がないとすれば、多少ゆとりのある内容と予想されます。

なお、合格最低得点率は、ここ数年75%を超えています。かなりの高得点を取らなければ合格が難しいです。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
・英文読解問題(大問1)
2014年までは空所補充と語句整序が主に出題されていましたが、2015年には空所補充の他に発音・誤り指摘・同意表現・同一用法・反意表現・内容真偽といった多様な問題形式が出題されるようになりました。そのため、他大学の過去問、長文読解問題集を解き、どのような形式の問題が問われても解答できるようにしておかなければなりません。

英文のジャンルは自然科学系がほとんどで、英文自体のレベルは難しくありませんが、紛らわしい派生語や論理展開をよく考えなければならない設問が出題されます。上述したように合格するためには高得点を取ることが要求されるので、他の私立医学部の問題も解き、難易度の高い問題も落とさないようにしましょう。

問題の形式は、上述したように多岐に渡ります。そこで、まずはセンターレベルまで、発音問題から文法問題まで満遍なく学習することをおすすめします。

・英文読解問題(大問2)
長文を読んで答える形式の問題ではありますが、実質的には文法問題と言っても良く、読解力を必要とする問題は7問中1問しかありません。このように、一見長文問題のように見えても実質的には文法問題ということがあるので、設問に目を通して判断しましょう。

2015年度は、語形変化に関する問題が多く出題されていました。普段単語を覚えるときには、派生語も一緒に覚えるようにしましょう。

・長文空所補充問題(大問3)
品詞の違い(前置詞、接続詞など)、分詞(現在分詞、過去分詞)、類似単語の正確な知識が要求されます。この形式の問題は、前後だけを見て文法的な知識で解くことができる問題もあるのですが、文脈を追って適語を考える問題もあるので、長文は読みながら解きましょう。

3.2 英文法
・同意表現問題(大問4)
同意表現問題は、一文の中の単語の同意語を選択する形式なので、文を読みながら未知語の推定をして解くことができます。とはいえ、扱われる単語にはレベルの高い語が出てくるうえに医学単語も出題されます(例. diagnosis, sanity, antidepressant)。普段の学習に医学系の単語を覚える時間を割くと良いでしょう。

・誤文訂正問題(大問5)
「be liable to」と「be likely to」といった形が似ていて意味から判断する問題が出題されましたが、珍しい傾向の問題はこの1問くらいで、その他はおおむねGMARCHレベルの問題と言えます。名詞の単複、形容詞と副詞、仮定法、関係代名詞whatと接続詞that、受動態と能動態、現在分詞と過去分詞の区別を問う問題が出題されました。これらの違いが即答できない人は、誤文訂正問題の前に、文法力を固める方が先決といえるでしょう。

・語句整序問題(大問6)
選択肢が10択を超える問題があるうえに、1語不要な語が含まれているので、難易度はかなり高いといえます。また、2015年度では「証明した」をsupportedにするかprovedにするかといった語彙選択が絡む問題も出題されました。問題に素早く目を通し、時間がかかると判断した場合は、最後に解くか選択しない方が良いと思われます。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着

上述したように、この大学に合格するためにはかなりの高得点を取ることが必要なので、単語力、文法力の基礎固めをして失点を防ぐことが重要です。大問1には必修の長文問題が出題されます。帝京大学医学部の長文は扱われる語彙の難易度がやや高めという傾向があるので、単語は上級レベルまで鍛えておくと解答速度が速くなり、選択問題に時間を割くことができます。長文の難易度に比べると問題自体は標準的なので、全問正解を目指していきたいところです。

単語を覚える際には、発音も意識して覚えるようにしましょう。これはどこの大学を受験する場合にも言えることですが、とりわけ帝京医学部は発音問題が出題されるので、重要度がより高いと言えます。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

語彙力と同時に、文法問題集にも取り組みましょう。必修問題だけでなく、選択問題の中にも、センターレベルの文法知識があれば解ける問題があります。そのような問題は確実に得点できるようにするためにも基本を疎かにすることはできません。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

■Step.2:標準的な単語、長文問題に取り組む

帝京医学部レベルの長文を十分な理解度、スピードで読んでいくためには、上記の単語レベルよりもさらにレベルを上げる必要があります。このあたりで、単語を覚えることに苦痛を感じる人が多いのですが、安定した成績を出すためには、避けて通ることはできません。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

さらに、大問1に必修の長文問題が出題されることから、長文対策を行いましょう。下記にあげる問題集は、あくまでもセンターレベルに過ぎませんが、まずはこのレベルの長文を読むことに対する苦手意識を取り、ある程度のスピードで長文を読むこと(ただし、速読をする必要はない)が必要になります。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)

『やっておきたい英語長文300』(河合出版)

上記の2冊はレベル別に分かれていますが、『英語長文レベル別問題集(3)』は、『やっておきたい 英語長文300』よりも簡単なので、長文に自信の無い人は、レベル別問題集から始めると良いでしょう。これらが終わったら、次のレベルに進んだり、センター試験の過去問を解いてください。繰り返し問題を解き、センターレベルの長文に対する苦手意識が無くなったら、次のステップへ進みましょう。

■Step.3:応用レベルの単語、長文・文法問題に取り組む

上記教材が終了したら、『やっておきたい 英語長文500』、『英語長文レベル別問題集 (4) 中級編』もやっておきましょう。問題を解いた後に何度も音読をして、このレベルの英文がスラスラと読めるくらいにしておかなければなりません。この手間を省くと、後々過去問を解いた際に一定レベル以上の点数を出すのが難しくなります。

長文と並行して、文法問題の対策を行いましょう。帝京医学部は、傾向が変わることもありますが、整序問題と誤文訂正問題は対策をしておいた方が良いと思います。よく誤文訂正問題は苦手だから選択をしないという声を聞きますが、2015年度を振り返ってみると、誤文訂正問題は標準レベルでした。このように、試験問題を見てみないと何とも言えないところがあるので、満遍なく対策を練っておくことが合格への近道と言えそうです。

英文法・語法正誤問題速攻100題

スーパー講義英文法・語法正誤問題

『3ステップで解く!英語整序問題の必勝テクニック』(旺文社)

長文の学習と並行して、選択問題の語彙問題の対策を進めていきましょう。この選択問題の中には、早慶上智レベルの単語が出題されます。例えば、lucid(明白な)、elusive(理解しにくい)など通常の大学受験レベルの単語帳にはなかなか掲載されていない単語が出題されるので、早慶上智レベルまで単語力を伸ばしておかなければなりません。

早慶上智の英単語

■Step.4:過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

Step1~3が一通り終了したら、過去問に取り組みましょう。このとき、入試問題を実際に解いていることを想定して、必ず時間を計って問題を解くようにしてください。帝京医学部は、選択問題があるので、それを制限時間以内に選択して完答できるかどうかということも重要な要素になります。

解き終わったら、選択しなかった問題も解いてみましょう。そして、各々の正答率を出してみます。当然のことですが、選択しなかった問題の方が正答率が高かったり、選択するのに時間がかかり過ぎて終わらなかったら、改善しなければなりません。文法問題からざっと目を通し、解けるかどうかを判断していく方法が最も時間のロスが少ないと思います。

次に、正答率が低かった問題を集中的に学習しましょう。学習の段階では、例えば誤文訂正問題は苦手だから捨てる、などという安易な判断はやめ、全ての対策を行うようにします。選択問題は読解の方が簡単なことが多いですが、年によって異なりますし、誤文訂正問題や整序問題をすることによって、全体的な文法力を上げることができるようになるでしょう。

過去問は、必ず3回は解くようにしてください。解いて解説を読んで終了、という人を見かけますが、なかなかそれだけでは身につかないものです。すぐに答えが出るまで繰り返すことによって初めて、他の問題を解いたときに類似性、共通点に気がつきます。

(参考)
帝京大学 入試情報サイト|入学試験要項・出願書類ダウンロード|帝京大学 / 帝京大学短期大学