目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験科目・試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

日本医科大学は、日本最古の私立医科大学として知られており、その前身である済生学舎からは、野口英世をはじめとした著名な医師が輩出されている。慶應義塾大学医学部や東京慈恵会医科大学と並び、「私立医学部御三家」と言われている通り、入試問題は各科目、私立医学部の中でも難関の部類に入り、合格するためにはかなり時間をかけた綿密な対策が必要となる。
1年次は武蔵境キャンパス、2~6年次は文京区の千駄木キャンパスに通学することになっている。また最近の入試情報を見ると倍率も17倍以上になっており、2010年の13.2倍、2011年の15.1倍と徐々に人気が上がってきている大学である。

看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

2. 概要

2.1 試験日

【一般入試】
(前期日程)
1次試験:2019年1月28日(月)
9:00〜10:30 英語
11:25〜12:55 数学
14:10〜16:10 理科

2次試験:2019年2月7日(木)または2月8日(金)
9:00〜10:00 小論文
小論文終了後 面接

(後期日程)
1次試験:2019年2月27日(水)
9:00〜10:30 英語
11:25〜12:55 数学
14:10〜16:10 理科

2次試験:平成29年3月11日(月)
9:00〜10:30 小論文
小論文終了後 面接
※後期試験の小論文及び面接試験は、いわゆる学力の3要素をより多面的、総合的に評価するため、前期試験より試験時間が長くなります。

2.2 試験科目・試験範囲・試験時間・解答形式

(試験科目・試験範囲)
英語:コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ
数学:数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(ベクトル、数列)
理科:物理[物理基礎・物理]、化学[化学基礎・化学]、生物[生物基礎・生物]の3科目から2科目選択

(試験時間)
英語:9:00-10:30(90分)
数学:11:25-12:55(90分)
理科:14:10-16:10(120分)

(解答形式)
記述・論述式

2.3 配点

英語:300点
数学:300点
理科:400点(200点×2)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)

日本医科大学の生物の入試問題は、大問3題で構成される。うち2題は典型的な知識問題で、1題は実験考察問題であることが多い。計算問題はあまり出題されない。ほとんどの受験者は知識問題をほぼすべて正解してくるであろうから、実験考察問題の出来具合が合否を左右するだろう。

高校生物の範囲を逸脱した内容はほぼ問われない。その点では、国公立大学の生物の入試問題と近いものがある。検定教科書を中心とした学習が有効であろう。注意したいことは、リード文と設問文とで共通した空欄が使用されることが多々ある点である。大問の序盤の空欄補充で失敗すると、その大問を丸ごと落としかねないため、基礎の徹底は必須である。

実験考察問題は複雑で、リード文は長い。選択式の設問が多いが、その選択肢を選んだ理由を答えさせる論述問題が出題されるのが特徴だ。長いリード文を読み、実験内容とその結果を簡潔にまとめる力が要求されている。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子

各細胞小器官を題材とした出題はもちろん、膜輸送や細胞骨格が問われることが多い。『生物の良問問題集』などの網羅的な問題集で学習するのがよい。この単元に限らず、知識問題は教科書内の文章を切り出して選択肢に作り変えている節がある。教科書や参考書を、本文を繰り返し音読するなどして頭に叩き込むことも大いに有効である。

3.2 代謝

酵素の性質や反応速度を扱った出題が目立つ。次いで代謝経路に関する出題が多い。細胞と分子の単元と同様、『生物の良問問題集』『エクセル生物』といった網羅的な問題集で学習するのがよい。

3.3 遺伝情報の発現

インフルエンザウイルスの感染・発症のしくみと転写翻訳を絡めた設問など、他分野との融合問題としての出題が目立つ。遺伝情報の発現に関する基本的な知識・理論が身についていなければ、様々な単元の大問で失点するだろう。基本事項の習得ののち、『生物 標準問題精講』などの問題集で、実験考察問題の演習を通じてしっかりと理解しておきたい。

3.4 生殖と発生

日本医科大学の生物の入試問題で最も頻出である単元の1つ。教科書を何度も精読し、『生物の良問問題集』などの網羅的な問題集を周回し、知識を徹底的に習得しよう。特に、イモリ胚の予定運命については、体節や側板が将来どの器官になるかを必ず覚えてから、試験に臨むようにしたい。

また、「Aを抑制する物質の阻害は、Aを促進する」といった考え方を練習するのは、この単元の実験考察問題である。マウスの腸管からのすい芽形成、ウナギの卵成熟といった初見の題材に、この考え方を応用する問題が出題されている。『生物 標準問題精講』や『生物 重要問題集』などのハイレベルな問題集を使い、実験内容を素早く整理する訓練をしておこう。

3.5 遺伝

現行課程になり、一般的に遺伝の出題は減少傾向にある。日本医科大学の生物でも、遺伝の出題頻度は少ない。出題があったとしてもリード文に必要十分な解説があることが多いため、問題文をよく読んで得点にしよう。

遺伝の問題では、まずは問題文に記された遺伝子のはたらきを整理することが大切である。そして、どのような問題であろうと配偶子の組み合わせを表の形で整理して解答するという一連の流れがある。『生物の良問問題集』などで一通り練習しておくようにしよう。

3.6 体内環境の恒常性

日本医科大学の生物の入試問題では、生殖と発生に並んで、最も頻出である単元の1つ。やはり教科書を何度も精読し、『生物の良問問題集』などの網羅的な問題集を周回し、知識を徹底的に習得しよう。

この単元では、他の単元に比べてもやや細かい知識を要求されている。肝小葉における血管や胆管の配置をおさえておかなければ解けない設問が出たこともある。自律神経やホルモンといった恒常性を担うシステムだけでなく、恒常性を担う器官の構造についても、ノートに図を描くなどして覚えるようにしよう。

3.7 動物の反応と行動

細胞と分子の単元で学習する細胞骨格との融合問題として、筋肉の構造や筋収縮のしくみについての出題があった。受容器や神経細胞における生理的なしくみについても、生体膜上の輸送体タンパク質や、膜輸送と絡めた出題が予想される。まずは教科書や参考書を精読し、細胞と分子のレベルからしくみを理解するようにしよう。そして、『生物 重要問題集』などの問題集を使って充分に演習しておくと、そのあたりの融合問題への対策は万全となるだろう。

3.8 植物の環境応答

出題頻度は低い。教科書に記載のある基本的な事項を理解し、『生物の良問問題集』や『エクセル生物』などの網羅的な問題集で基本事項の習得に努めよう。ただし、各種植物ホルモンが植物体内で情報伝達を担うしくみについては細かい知識まで確認しておきたい。細胞と分子の単元で頻出の、情報伝達についての理解が深まるからである。

3.9 生物の多様性と生態系、生命の起源と進化、生物の系統

この分野をメインテーマとする大問の出題はあまりない。しかし、消化器官をテーマにした大問で、新口動物を選択肢から選ばせる設問が出題されるなど、小問単位ではほぼ毎年出題されている。現状は、教科書内容をおさえているだけで押しの1点を稼げる単元である。『生物の良問問題集』などの問題集を使って、教科書で覚えたことをきちんとアウトプットできるようにしておこう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認

日本医科大学の生物の入試問題で問われる知識問題の多くは、どの問題集にも掲載のある典型的なものである。まずはこの知識問題に対応できるよう、教科書と、下にあげるいずれかの参考書を精読しよう。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎』(数研出版)
・『大森徹の最強講義』(文英堂)
・『大学入試の得点源(要点)』(文英堂)
・『生物 知識の焦点』(Z会出版)
・『理解しやすい生物、生物基礎』(文英堂)
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(東進ブックス)
・『生物基礎が面白いほどわかる本』(中経出版)

一方で、日本医科大学に特徴的な設問として、ある生命現象の「順番」を問うというものがある。例えば、ウニの受精過程で起こる現象を選択肢から複数選び、その現象が起こる順番に、選択肢記号を並び替えて答えよという設問だ。選択肢の中には、ウニの受精過程で起こらない現象(「灰色三日月環の形成」といったダミー)も含まれている。次のような網羅的な問題集で知識・理論を習得しつつ、教科書や参考書をじっくり読み通す時間を設けてほしい。日本医科大学の生物の問題の選択肢に見られる文章は、まさに教科書の本文を選択肢に作り変えたような節があるからだ。

問題集
・『生物の良問問題集』(旺文社)
・『エクセル生物』(実教出版)
・『らくらくマスター 生物・生物基礎』(河合出版)

■Step.2 実験、考察問題への取り組み

日本医科大学の生物では、実験考察問題は毎年大問1つは必ず出題され、合否の分かれ目になっている。『生物 重要問題集』、『生物 標準問題精講』などのハイレベルな問題集で問題演習を行い、考える訓練を充分に積んでおこう。答え合わせの際には、必ず、実験の手順、結果、考察を整理・確認しておくこと。

日本医科大学の生物の実験考察問題では、複数の実験(実験1、2…とナンバリングされている)を示し、実験結果から得られる考察を選択肢から選ばせる設問が多い。ただし、そうした設問に、① その選択肢を選んだ理由を述べよという論述問題や、② その選択肢を選ぶ根拠となる実験番号を問う設問が続くことも多い。長いリード文を正確に把握し、内容を簡潔に表現する力が問われている。

・『生物 重要問題集』(数研出版)
・『生物 標準問題精講』(旺文社)

■Step.3 計算問題への取り組み

計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。

『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

日本医科大学は基本的に、計算問題があまり出題されておらず、難易度も標準的なので特に個別に対策が必要というわけでもない。上記二つの参考書を提案しているが、セミナーやリードにある典型的な計算問題を網羅できれば、本番や過去問演習で困ることはまずないであろう。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習

Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。

また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。

(参考)
日本医科大学|受験生情報サイト|平成31年度入試要項